News

2016年09月23日New: 障害により D-way 登録アカウント新規取得, 一部のメール通知サービス停止中

サーバ障害のため、9月20日以降、BioProject, BioSample, DRA 登録関連の一部のサービスを一時停止しております。

停止中の D-way の機能

  • D-way 登録アカウント新規取得

停止中のメール通知サービス

  • BioProject, BioSample, DRA データ公開通知
  • DRA 公開予定日到来の予告通知
  • DRA データファイル検証処理のログ

現在復旧に向けて作業中です。復旧次第お知らせいたします。

BioProject, BioSample, DRA の登録や公開の状況は D-way で確認することができます。

D-way アカウントの取得を希望される方は,お手数ですが DRA チームまでご連絡ください。

ユーザの皆様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、何卒よろしくお願いいたします。

2016年09月14日: bam 登録時にリファレンス配列をマルチ fasta で指定できるようになりました

bam 登録時にリファレンス配列を指定する方法は以下の二通りがあります。

  • リファレンスレポジトリーに存在する場合は INSDC/RefSeq アクセッション.バージョン番号で指定
  • レポジトリーにない場合はマルチ fasta で指定

PacBio や IonTorrent のリファレンスの無い bam (unmapped bam) の場合,対応表も fasta も不要です。

詳しくはマニュアルの該当箇所をご覧ください。

DDBJ Sequence Read Archive (DRA) は Roche 454 GS System®,Illumina Genome Analyzer®,Applied Biosystems SOLiD® System などの次世代シークエンサからの出力データのためのデータベースです。 DRA は International Nucleotide Sequence Database Collaboration (INSDC) のメンバーであり, NCBI Sequence Read Archive (SRA)EBI Sequence Read Archive (ERA) との国際協力のもと,運営されています。 従来のキャピラリ式シークエンサからの出力データは DDBJ Trace Archive にご登録ください。