News

2016年12月07日: アーカイブ済み fastq/SRA ファイルの期間限定アクセス提供サービスを開始

アーカイブ済み fastq/SRA ファイルの期間限定アクセス提供

DRA Handbook

2017年1月12日午後から登録者がアーカイブ済みデータファイルを確認できるようにするため,アクセッション番号が発行された Run の fastq/SRA ファイルはファイルサーバ (dradata.ddbj.nig.ac.jp) 上の登録者がアクセスできる場所にコピーされるようになります。 ディスク容量の圧迫を防ぐため,コピーされたファイルは作成から一ヶ月後に自動的に削除されます。

ディスク空き容量の予期せぬ急減等により,コピーした fastq/SRA ファイルの一ヶ月以内の削除やコピー機能の一時停止が実施されることがあります。 できるだけ事前にウェブサイト等で周知いたしますが,直前になることもあり得ることをご了承ください。

  • (submitter's home)/report/dra/(DRA submission accession)/fastq/
  • (submitter's home)/report/dra/(DRA submission accession)/sra/

  • submitter/report/dra/DRA000001/fastq/DRR000001.fastq.bz2
  • submitter/report/dra/DRA000001/fastq/DRR000002.fastq.bz2
  • submitter/report/dra/DRA000001/fastq/DRR000002_1.fastq.bz2
  • submitter/report/dra/DRA000001/fastq/DRR000002_2.fastq.bz2
  • submitter/report/dra/DRA000001/sra/DRR000001.sra
  • submitter/report/dra/DRA000001/sra/DRR000002.sra

DDBJ Sequence Read Archive (DRA) は Roche 454 GS System®,Illumina Genome Analyzer®,Applied Biosystems SOLiD® System などの次世代シークエンサからの出力データのためのデータベースです。 DRA は International Nucleotide Sequence Database Collaboration (INSDC) のメンバーであり, NCBI Sequence Read Archive (SRA)EBI Sequence Read Archive (ERA) との国際協力のもと,運営されています。 従来のキャピラリ式シークエンサからの出力データは DDBJ Trace Archive にご登録ください。