News

2016年12月07日: アーカイブ済み fastq/SRA ファイルの期間限定アクセス提供サービスを開始

アーカイブ済み fastq/SRA ファイルの期間限定アクセス提供

DRA Handbook

2017年1月12日午後から登録者がアーカイブ済みデータファイルを確認できるようにするため,アクセッション番号が発行された Run の fastq/SRA ファイルはファイルサーバ (dradata.ddbj.nig.ac.jp) 上の登録者がアクセスできる場所にコピーされるようになります。 ディスク容量の圧迫を防ぐため,コピーされたファイルは作成から一ヶ月後に自動的に削除されます。

ディスク空き容量の予期せぬ急減等により,コピーした fastq/SRA ファイルの一ヶ月以内の削除やコピー機能の一時停止が実施されることがあります。 できるだけ事前にウェブサイト等で周知いたしますが,直前になることもあり得ることをご了承ください。

  • (submitter's home)/report/dra/(DRA submission accession)/fastq/
  • (submitter's home)/report/dra/(DRA submission accession)/sra/

  • submitter/report/dra/DRA000001/fastq/DRR000001.fastq.bz2
  • submitter/report/dra/DRA000001/fastq/DRR000002.fastq.bz2
  • submitter/report/dra/DRA000001/fastq/DRR000002_1.fastq.bz2
  • submitter/report/dra/DRA000001/fastq/DRR000002_2.fastq.bz2
  • submitter/report/dra/DRA000001/sra/DRR000001.sra
  • submitter/report/dra/DRA000001/sra/DRR000002.sra

BioSample は DDBJ の一次データベースに登録されている実験データを得るのに使われた生物学的な試料 (サンプル) についての情報を集中して管理するデータベースです。 BioSample の例としては,セルライン,組織の生検,生物個体や環境サンプルなどが挙げられます。

サンプルデータは DDBJEBINCBI BioSample データベース間で共有されます。

BioSample の主な目的:

  • 複数の研究で同じサンプルが使われていることを明示的に示すことを可能にする。
  • サンプルの記述にコントロールされた語句を使うことを促すことで,サンプルの記載方法をデータベース間で統一する。
  • 複数のデータベースに登録されているデータとサンプルをリンクし,ユーザが特定のサンプルに由来するデータを収集できるようにする。