概要

Japanese Genotype-phenotype Archive (JGA) は個人レベルの遺伝学的なデータと匿名化された表現型情報を保存し,提供しています。 データが収集された個人との間の同意に基づく協定により,JGA のデータ利用は特定の研究目的に制限されています。 JGA は厳格なプロトコールに従い,情報を管理,格納,提供しています。 登録処理が終わった全てのデータは暗号化されます。 JGA チームにはこちらから連絡することができます。
なお,JGA に登録されるデータおよびデータの利用についての審査は独立行政法人科学技術振興機構 (JST)/バイオサイエンスデータベースセンター (NBDC) が実施しています。 JGA は科学技術振興機構 National Bioscience Database Center (NBDC) と共同で運営されています。

データの利用

JGA はデータを格納する際にそのデータに適用される利用制限ポリシーを登録しますが,利用者のデータ利用の可否については JST/NBDC が審査します。 利用者は NBDC にデータの利用を申請し,JGA は NBDC からの利用承認連絡を受け,利用者にデータへの安全なアクセスを提供します。

データの登録

JGA は JST/NBDC で承認された匿名化されたデータだけを受け付けています (ヒトを対象とした研究データの登録について)。 登録者は JST/NBDC に JGA へのデータ提供を申請し, NBDC からデータ提供の承認連絡を受けた登録者は JGA に連絡します。 JGA チームはその連絡を受け,登録者に登録手順を別途案内します。

データの受領後,JGA はデータベースへの格納のためにデータを処理し,同時に投稿されたオリジナルなファイル形式も保存します。 JGA では多岐にわたるデータを受け付けており,アレイと新世代シークエンサーからの生データ,遺伝子型・構造変異,統計解析などの解析処理されたデータを保存しています。 また,JGA はサンプルの表現型についてのデータをも登録しています。その他のヒトに関するデータについては,NBDC ヒトデータ審査委員会事務局にご相談下さい。