DOR への登録

D-way 登録アカウントマニュアル

概要*

DOR はシークエンシングとアレイからの MIAMEMINSEQE に準拠した全ての種類の機能ゲノミクスデータを受け付けています。

DOR acceptsDOR does not process

定量的な遺伝子発現,遺伝子発現制御,エピジェネティックスや他の機能ゲノミクス研究データ。

例:
  • mRNA プロファイリング
  • small RNA プロファイリング
  • ChIP-Seq
  • methyl-Seq
  • bisulfite シークエンシング
  • デジタル遺伝子発現解析
  • SAGE

データが DOR に登録可能かどうかはお問い合わせフォームからご質問ください。

  • transcriptome アセンブリ
  • 全ゲノムシークエンス
  • メタゲノムシークエンス
  • リシークエンス
  • サーベイシークエンス,全エキソームなど
これらのデータを DDBJ に登録する場合は DDBJ ウェブサイトをご参照ください。
重要: Human subject data
ヒトを対象とした全ての研究では,DOR に送付されたメタデータやファイルにおいて,適用される法律,規定や所属する組織の方針に従い,登録者の責任で参加者のプライバシーが保護されている必要があります。 個人を直接特定できるような情報を,登録データから完全に取り除いてください。 データ元となる個人との間でゲノム情報が公開されることについてのインフォームドコンセントが得られている必要があります。 DOR ではこのように適切に処置されたデータを受け付けています。

登録ファイル*

アレイ実験の場合

シークエンシング実験の場合

データ公開*

登録したデータは関連した論文が公表されるまで非公開にすることができます。 公開予定日は最大で1年後まで設定でき,予定日は延長することができます。 登録されたレコードは公開原則に従って公開されます。

次世代シークエンシングデータの DDBJ への登録
次世代シークエンシングデータの DDBJ への登録

登録の流れ*

登録アカウントの取得

データを登録するためには,事前にデータ登録受付システムのアカウントを取得します。 D-way 登録アカウントマニュアルに従いアカウントを取得してください。

データの登録や更新は,必ず所属する組織の責任者自身,もしくは,その許可のもと行ってください。

メタデータの作成

以下のスプレッドシート "DORsheet" に内容を記入しメタデータを作成してください。

Microarray_DOR (excel 2003)
Sequencing_DOR (excel 2003)

登録ファイルのアップロード

メタデータ - IDF,SDRF,(必要であれば) ADF。

登録システムにログインし submission を新規に作成します。 ウェブサイトから DORsheet または MAGE-TAB ファイルをアップロードします。

生データファイルと解析データファイル (Raw and processed data files):

データファイルは DRA/DOR ファイルサーバー上の登録者専用ディレクトリに転送します。 ファイルサイズが 100 MB 以下の場合は登録システムのウェブサイトからもファイルをアップロードできます。

登録の完了

DOR は完成したデータに対してアクセッション番号を発行します。

  • Experiment に対して E-DORD-n
  • アレイデザインに対して A-DORD-n

登録の進行状況やアクセッション番号は登録システムにログイン後,確認できます。

公開予定日は最長2年後まで指定でき登録システムで変更することが可能です。 登録されたデータは公開予定日まで非公開にされます。 指定された公開予定日になると DOR からデータが公開され,EBI ArrayExpress にエクスポートされます。例: E-DORD-69

登録については DOR までご連絡ください